法要の様子

法要の様子

年間行事について

#

3月20日 春の彼岸法要

この岸から彼の岸に歩み始めるのがお彼岸です。当日は春の彼岸法要(読経・法話)をいたしております。彼岸を機縁にぜひお参りにお越しください。

春の彼岸法要①

春の彼岸法要②

春の彼岸法要③

6月22日 降誕祭法要・初参式

降誕会は、宗祖・親鸞聖人のご誕生を祝ってお勤めされる法要です。聖人は承安3(1173)年に京都の日野でお生まれになり、90年の生涯をかけて、私共に念仏のみ教えを遺してくださいました。私共、念仏の流れをくむものとして、聖人の足跡を辿りつつ、今一度、念仏者の生き方を問うてみたいものです。
聖人のみ教えは、混迷を深める今の時代を生きる私達に、人として生きる指針を示してくださるはずです。750年の時空を越え、親鸞聖人の念仏の教えに耳を傾けてみましょう。
聖人の生誕に合わせ、新生児が仏前で初めてのお参りをする「初参式」と共に法要を喜ばせていただきましょう。
また、降誕祭前には寺内外の大掃除を毎年実施しております。大勢の方のご奉仕をお願いいたします。

法要の様子②

初参式

初参式記念写真

8月13日〜15日 お盆法要

お盆は亡き肉親や縁者が逢いにくると言われております。期間中、お盆納骨堂法要を行っております。お盆を機縁にぜひお参りにお越しください。

9月23日 秋の彼岸法要

この岸から彼の岸に歩み始めるのがお彼岸です。当日は春の彼岸法要(読経・法話)をいたしております。彼岸を機縁にぜひお参りにお越しください。

11月17日〜18日 報恩講法要

私たちに念仏による人生の道のりを切り開いてくれた宗祖、親鸞聖人の恩徳に感謝を申し上げる「報恩講」の法要を毎年11月17〜18日に行っております。
報恩講は、永仁2(1294)年、親鸞聖人の33回忌に、本願寺第3世覚如上人が「報恩講式」をつくったのがはじまりとされています。
親鸞聖人の遺徳を偲ぶ法要、住職や布教師の方による法話、万灯会(ともしび)の集い、懇親会、婦人会による売店の出店などを執り行います。

報恩講の様子②

報恩講の様子⑥

報恩講の様子⑤

報恩講の様子④

報恩講の様子①

報恩講の様子③

12月31日〜1月1日 除夜会・正月会法要

眞徳寺ではかがり火で境内を照らし新年を迎えます。また、大晦日は午後11時50分より除夜の鐘をついております。除夜の鐘をついて行く年を送り、希望の新年を迎えましょう。鐘をつき終えたら本堂で読経を行います。仏様と先祖に挨拶をしましょう。

お問い合わせ

松濤山 眞徳寺